概要/出生~甲斐守護継承

X

概要/出生~甲斐守護継承

概要

武田信玄(たけだしんげん)/武田晴信(たけだはるのぶ)は、戦国時代の武将及び甲斐の守護大名・戦国大名です。

父親は武田家第18代・武田信虎で、甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主でした。
信虎期には国内統一が達成されて、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻します。
その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ平定した。
甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部を領して、次代にかけて甲斐武田家の領国を拡大しました。
晩年、西上作戦の途上に三河で病を発して、信濃で病没しました。

出生~甲斐守護継承

甲斐国守護・武田信虎の嫡長子として生まれます。母は西郡の有力国人大井氏の娘・大井夫人。

甲斐国では上杉禅秀の乱を契機に守護武田氏の権威が失墜し有力国衆が台頭していましたが、

信玄の祖父である信昌期には守護代跡部氏の排斥、国衆勢力を服従させて国内統一が進みます。

信昌期から父の信虎期には武田宗家の内訌に新たに台頭した有力国衆・対外勢力の争いが関係し、

甲斐は再び乱国状態となりますが、信虎は甲斐統一を達成し、永正16年(1519年)に甲府の躑躅ヶ崎館を

本拠とした武田城下町を開府し、家臣団組織が整備され戦国大名としての地位が確立されていました。

信玄の出生は信虎による甲斐統一の達成期にあたり、生誕地は躑躅ヶ崎館に付属した城である要害山城または積翠寺とされています。

信虎は駿河国今川氏を後ろ盾とした甲府盆地西部の有力国衆である大井氏と対決していましたが、

大永元年(1521年)10月には今川家臣福島正成率いる軍勢が甲府に迫り、信虎は甲府近郊の飯田河原合戦において福島勢を撃退しています。

この際に大井夫人は詰城である要害山へ退いており、信玄は要害山城において出生したといわれています。幼名は太郎。

大永5年(1525年)父・信虎と大井夫人との間に弟・次郎(武田信繁)が生まれます。

父の寵愛は次郎に移り勝千代(太郎)を徐々に疎むようになったと言われています。

信虎後期には駿河今川氏との和睦が成立し、関東地方において後北条氏と敵対していた

扇谷上杉氏と結び、領国が接する甲斐都留郡において北条方との抗争を続けていました。

天文2年(1533年)に武蔵国川越城主上杉朝興の娘が晴信の正室として迎えられており、

これは政略結婚であると考えられていますが、晴信と彼女の仲は良かったと伝えられています。

ですが、天文3年(1534年)に出産の折、難産で彼女も子も死去しています。

天文5年(1536年)に元服し、室町幕府第12代将軍・足利義晴から「晴」の偏諱を賜り、

「晴信」と改めます。

元服後に継室として左大臣・三条公頼の娘である三条夫人を迎えています。

この年には駿河で今川氏輝が死去、花倉の乱を経て今川義元が家督を継ぎ武田氏と和睦しており、

この婚姻は京都の公家と緊密な今川氏の斡旋であったとされています。

信虎は諏訪氏や村上氏ら信濃豪族と同盟し信濃国佐久郡侵攻を進めていますが、

武家の初陣は元服直後に行われていることが多く、晴信の初陣は天文5年(1536年)11月、

佐久郡海ノ口城主平賀源心攻めであるとしています。

晴信は信虎の信濃侵攻に従軍し、天文10年(1541年)の海野平合戦にも参加していますが、

甲府へ帰陣した同年6月には晴信や重臣の板垣信方や甘利虎泰、飯富虎昌らによる信虎の駿河追放が行われ、晴信は武田家第19代家督を相続します。

Ads by Sitemix